まきまきチョコパン(イトーパン=伊藤製パン)は白パンでもちっとした生地にチョコクリームを渦巻き状に折り込む

スポンサーリンク

もちっとまきまきチョコパン(イトーパン=伊藤製パン)
まきまきチョコパン(イトーパン=伊藤製パン)です。白パンでもちっとした生地に、ベルギー産クーベルチュールチョコ入りのチョコクリームを渦巻き状に折り込みました。チョコはむらなく折りこまれ、パン生地にほどよいアクセントを付けています。



今日ご紹介したいパンは、まきまきチョコパン(イトーパン)です。

外袋は、リボンで結んだようなイラストで、白地にチョコレート色でデザインされています。

もちっとまきまきチョコパン

そして、半分は透明になっていて、チョコが折込まれたパン本体が姿を見せています。

まきまきチョコパンの中を開けると、ややクリーム色がかった白いパン生地に、チョコレートが折りこまれたもちっとまきまきチョコパンが出てきます。

チョコパンというと、外側をコーティングか、生地にまぜて焼くか、どちらかをイメージしがちですが、『もちっとまきまきチョコパン』は、ベルギー産クーベルチュールチョコを生地に折り込んでいます。

パン生地は、またしてももちもち。

もちっとまきまきチョコパン

日本人向けに作られたといわれるバナナの甘熟王が、もちもちを売り物にしていますが、今やパンも、もちもちが大流行なんですね。

チョコがムラなく折り込まれているので、味も安定しています。

といっても、チョコはビターで甘さ控えめですが、甘くないというわけでもない。

ちょうどいい具合です

結論としては、もっちり食感の生地と、折り込まれたチョコがデザイン的にも味の方もきちんと馴染んで、美味しく食べることができる市販パン。おすすめできます。

スポンサーリンク

「まきまき」商品を得意なイトーパン

イトーパン(伊藤製パン)は、コンビニのスリーエフに菓子パンをいくつか卸しています。

今回のまきまきチョコパンについては、セブンイレブンや、ファミリーマートにも似たようなパンが売っている(売っていた)という報告がレビューブログにありますが、おそらくはイトーパンのOEM商品ではないかと思います。

というのも、イトーパンは、もちもちパン生地の「まきまき」商品を得意としているからです。

まきまきチョコパン(イトーパン)の栄養成分は、エネルギー303kcal、タンパク質5.4g、脂質11.3g、炭水化物45g、食塩相当量0.7gです。

まきまきチョコパン(イトーパン)の原材料は、小麦粉、チョコレート風味フラワーペースト、ショートニング、卵、パン酵母、砂糖、食塩、脱脂粉乳、加工でん粉、トレハロース、乳化剤、酢酸Na、増粘多糖類、香料、pH調整剤、イーストフード、甘味料(ステビア)、V.C などとなっています。

もちっとまきまきチョコパン

いかがですか。

まきまきチョコパン(イトーパン)

【 Galler ( ガレー ) ベルギー王室御用達 チョコレート 】 ミニバー 12本入り -
【 Galler ( ガレー ) ベルギー王室御用達 チョコレート 】 ミニバー 12本入り –

コメント